京都便利堂公式オンラインショップ トップページ

  • 鳥獣戯画ラインスタンプ

  • 頒布会

  • 法壁
  • 商品カテゴリー

    • コロタイプとは
    • ギフト
    • 海外サイト
    • ふみの日
    • メルマガ会員登録
    • 季節のおすすめ
    • 絵はがき
    • コロタイプ
    • インテリア
    • ステーショナリー
    • 雑貨

    新着情報 一覧

    新着商品

    おすすめ商品

    人気ランキング

    • 便利堂のあゆみ
    • 便利堂の歴史...
    • 便利堂 文化之源
    • 御所の通行手形

    京都の山水

    『京都の山水(京都写真帖第1巻)』明治36年 便利堂発行 表紙題字 富岡鉄斎、絵 竹内栖鳳

    明治期の便利堂
    便利堂は明治20年に創業しました。それ以前は御所出入りの錫屋でしたが、明治の新しい気風の中で、今までにない斬新な文化的事業を目指し「便利堂」と名付け、貸本・出版・写真などを始めました。以後今日に至るまで、文化財撮影や印刷物・出版物を通して日本文化の継承に貢献し、その素晴らしさを内外に示すお手伝いをしてまいりました。

    撮影の様子

    壁画原寸大撮影の様子 昭和10年

    法隆寺金堂壁画とコロタイプ
    中でも昭和10年に文部省(当時)の嘱託で行った「法隆寺金堂壁画原寸大撮影」および「コロタイプ原寸大複製制作」はその後の文化財保存において大変意義のある仕事であったといえるでしょう。東洋仏教美術の精華といわれる法隆寺金堂壁画ですが、不幸にも昭和24年の失火により焼損してしまいました。往時の姿を記録する原寸大ガラス乾板とコロタイプ複製は貴重な資料となっています。この焼損を機に「文化財保護法」が制定され、壁画が焼損した1月26日は「文化財防火デー」に制定されています。

    葵祭

    『葵祭』絵はがき 明治38年 便利堂発行
    絵/鹿子木孟郎

    便利堂美術絵はがきのあゆみ
    明治時代より京都三条富小路に絵葉書専門店を構え、また戦前より美術館でミュージアムショップを運営してきた便利堂は、美術商品の老舗でもあります。国内では唯一技術継承している多色刷コロタイプ「玻璃彩版」を用いた精巧な複製品から、日常使いのステーショナリーまで、美術をモチーフにした日々の生活を豊かに彩るさまざまなアイテムをご提案しております。
    Copyright (c)Kyoto Benrido All Rights Reserved.